スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

急がば回れ

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ

前にもちらっと書いたことありますが、私一応ファイナンシャルプランナーの資格を持っています(AFP)
上級のCFP(R)も狙って勉強しています。
今はフリーの身なんですが、会社員時代に取得したFPの資格は、必要だったから取ったわけではなく
自己啓発の一環で取りました。FPの資格だけじゃ転職にもあまり効果ありませんし。

FXを始めとする金融商品に触れるきっかけが、FPの資格取得だったわけですが、
FXを始めるキッカケというのはみなさんいろいろですよね。

私の場合、日本の将来に不安→会社員勤めだとリスクが高くなってきた→自己防衛が必要→FPの勉強
→資産形成が必要→長期運用で老後に備え→投信購入→サブプライムで半減→残り資産でFX
という流れでした。

一般人の方からすると、金融商品=マネーゲームみたいな観点がまだまだ残っていると思います。
私の家内もそうです。両親もそうです。

金融商品に触れることのない家計に育った家庭では、金融商品=ギャンブルより悪い賭け事という
認識が多いのではないでしょうか。
それは、お金に関する正しい教育を受けてこなかった日本の教育システムによるところが大きいと
専門家の方は述べていますし、私もそのように思います。


今、FXをやっている方は、どのようなきっかけで始めることになったんでしょうか。
私の場合は、サブプライムで失った資産を取り戻すために始めました。

元本割れした商品をなんとか元本まで戻そう、そればかり思っていました。
それは、やはり金融商品の本質を理解できていないから、そのような発想しか出てこなかった、
損失を受け入れられなかったのだと思います。

これって、損切りする(損失を確定させる)ことを認められない、金融商品に対するアレルギーが
身体に染み付いていたからだと、今では思っています。
今でこそ、FXで損切りすることを受け入れられるようになりましたが、これを克服するには
心構えや商品に対する正確な知識などが必要に思います。

そういう情報こそ、広く普及されるべき重要な基礎だと思います。
FPの勉強はきっかけにこそなりましたが、こういう情報は身を持って経験しないとわかりにくい
部分でもあります。
理想は、学習の中で身につけることなんでしょうが、実際お金の問題(特に身銭)になると
自制心を失ってしまうこともあり、注意深く身につける必要があります。

トレコミュでは、トレーダー育成プログラムとして教材を販売しています。
FXに特化してはいますが、金融商品のキモを知る、良い教材だと思います。

トレーダーズ・メソッド・ベーシック

こういう教材で、リスクや商品の性質を知っておく、デモなどでスキルを勉強するなどを行うことで
損失を回避して収益をあげることは十分可能だと思います。

急がば回れ。

自戒の言葉ですが、多くの人にも当てはまることわざだと思います。

↓トレコミュ:タートルズに参加しています!



↓裁量トレードのバイブル、mayano実践中です。3ヶ月の成果はプラス維持!

homing.gif

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

トレコミュ
ホーミングFX
プロフィール

Mayano

Author:Mayano
FX負け組みその他大勢の一人Mayanoが、ホーミングFXを体得し勝ち組を目指すトレード記録です。

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
為替レート
リンク
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。